SSブログ

赤穂藩逐電家老 大野九郎兵衛伝説 [隠れ郷土史]

今回は、私が上州滞在1年で知った伝説を掲載します。

殿様の名前につく○○守というのがありますよね。
会津中将松平容保公は肥後にいなかったのに肥後守。勝海舟だったら勝安房守。一つの国の守を、複数の殿様が持っていた時代に、上州上野、常陸、上総は守がない。この三国には介がつく。
これは律令国の等級区分で上野、常陸、上総の三国は、皇族が国司となる親王任国という指定だった為。

この制度を知ってか知らずか、織田信長は岐阜にいる頃は織田上野守と名乗っていたが、ちゃんと叙任されたのかどうか疑わしい。おそらくは私称でしょう。
常陸介で有名人は家康の十男、頼宣ぐらいしか知らないが、上野介はいるいる有名人が。
悪役、吉良義央。。。

上野、常陸、下総の中で、上野は最上階の大国だったのだが、その上野には吉良家の領地が3か所あった。藤岡市白石、碓氷郡(安中市)松井田町人見、同じく下野谷の3か所。
高家筆頭の吉良義央が上野介に叙任したのはこの地を領していたからだと思う。その地とまったく無関係なのに現地の名が付く適当な(失礼)叙任より、上野介はそこに領地を持っていた。
これはその一つ、下野谷辺りの夕陽です。
下野谷の風景.jpg
吉良の領地はいずれも飛び地で上野介自ら赴任してたわけではない。それでも藤岡市白石には陣屋があって、吉良家の家臣の誰かが赴任して治めていた。
吉良上野介館跡.jpg吉良家のあったところ.jpg
この陣屋は偶然、見つけたのだが、上野介産湯の井戸と陣屋跡の表示がある。
吉良義央はここで生まれたらしく、ここからもう二~三か所の飛び地、松井田町人見や下野谷も現代なら遠くないし、当時でも途中で一泊する距離でもないので、おそらくはここ白石の代官が治めていたと思われる。
吉良上野介産湯.jpgここで産まれた.jpg
前に載せた磯部温泉の温泉マーク、日本最古の温泉マークは、人見村か下野谷の土地境界訴訟事に添付された地図に載っていたもの。この係争に吉良家の領地が関わっていた可能性は高い。
日本初の温泉マーク.jpg
他にも碓氷川から水を引く治水工事の際、水路が人見村の吉良家の領地を通るのに吉良家が難色を示した話を聞いた。
地元は上野介を殊更悪くいってないが、キャラ的に我が強かったと推測されても仕方がない。学研の資料にはハッキリ、治水工事に上野介が難癖をつけたと言い切っている。

この治水工事の相談に、ある赤穂藩士が関わったという。
大野九郎兵衛知房という人。

知らない人はまずいないのではないか。あの逐電家老です。そんな有名人がこの吉良陣屋から近く、吉良家の飛び地の領地、松井田町人見や下野谷近くの磯部温泉マークのある磯部村に潜伏していた伝説がある。

赤穂藩の経済官僚だった大野九郎兵衛の事績や、赤穂藩改易時のドタバタは割愛するが、逐電家老の汚名をきてこの磯部村に潜伏したという伝説の真意を1年間探ったのだが裏付けは取れなかった。
集めたものや伝承のみ掲載します。

九郎兵衛は林遊謙と改名してこの地にいた。
一つの村を、大名旗本6人が分割して知行するややっこしい行政下だったのだが、その6人の一人が吉良家だったので、ここに九郎兵衛の赤穂浪士二番隊説が出て来る。
それは江戸で浪士が吉良邸討ち入りに失敗したら、上野介は江戸にいられず、実子の弾正綱憲の上杉家からも見放され、おそらく生まれ故郷の上州白石陣屋に逃れて来るだろうと。江戸から離れれば隙も出よう。そこを狙おうというものだった。

九郎兵衛=林遊謙は素性を隠し、自身の草庵(もしくは何処かの寺)に住んで近隣の子供に手習いを教え、井戸を掘ったり、前述の治水工事の際に村人の相談相手になったりして村人に慕われていた。静かに暮らしながらここ磯部や藤岡白石に逃れてくるかもしれない上野介の動静を探っていた。

では何故、林遊謙が大野九郎兵衛とバレたのだろうか。
吉良邸討入大願成就の報が中山道を通して伝わってきた。それを知った日、九郎兵衛は雨戸を閉ざし、興味に惹かれる里人の前に終日、姿を見せず引き籠っていた。
後年、亡くなった時、大石内蔵助からの手紙が見つかった。他にもあって、確認できなかったが、神明神社に九郎兵衛=林遊謙が建てた燈籠があるとか、手習い本が現存するとか。また、潜伏、襲撃に必要な埋蔵金の噂もあるそうです。
九郎兵衛さんと伝わる碑.jpg
九郎兵衛がいた寺は廃寺になって、彼の墓はこの寺、松岸寺に移された。
写真左にある丸みを帯びたのがそう。(奥にある廟は、佐々木三郎盛綱という鎌倉御家人夫婦の墓)
説明版は全くない。だがオカシイのは、九郎兵衛=林遊謙のこの墓碑には、「慈望遊議居士寛延四年九月二十四日」とある。
寛延四年は1751年。将軍は徳川吉宗です。吉良邸討入が元禄15年(1703年)だから、50年弱も生きたことになってしまう。
これは墓ではなく、顕彰碑の類という説もある。
松岸寺1.jpg
(大野九郎兵衛=遊謙の墓碑は松岸寺だけではなく、同じく磯部村の普門寺にもある。
だがそこは同じような墓石がたくさんあってどれだかわからなかった。)
普門寺.jpg
私が小学生に「お坊さん!!」呼ばわりされた安中小学校近くの図書館で碓氷群史を漁っていたら、
「磯部村大字東上磯部に松岸寺といふ寺がある。この境内に大野九郎兵衛の墓だといふ・・・」
「上野介がこの領地に逃れて来たらば之を討取り、亡君の仇を報ひんと・・・」
「義士の快挙がだんだん世間に擴まり賞めたたへるものが多くなっても、遊謙は更に之に耳を貸さないで、何か自ら決する處があったと見え、忽然と何れかへ姿を隠し、遂に行衛を知るものが絶えてなかったと・・・」
「九郎兵衛の浜の真偽に就いては確かに信憑とすべきものがないので・・・(省略)・・・墓石を九太夫様の墓なりと口碑に傳えて疑はないのは、大野九郎兵衛に長者としての徳、畏敬すべき温厚の風格があったに相違なく、必ずしも演劇に見る九太夫の様に唾棄すべき人格者ではなかったことが想像するに難くない」

上州滞在中、この松岸寺を3回ほど訪れた。だが、ご住職はおろか、家人にすら出逢えなかった。
裏付けを取れないまま上州を去ることに相成ったので、伝承のみ記載した次第です。

上州は潜伏し易いのかな。淀君が生きていた?伝説(http://funayama-shika.blog.so-net.ne.jp/2012-06-15)もあるし。

赤穂浪士伝説の続きがもう一譚あります。これです。
四十七士石像3.jpg
九郎兵衛が隠れ住んでいた磯部村から北にある。(続く)
コメント(2) 

コメント 2

似非師匠

逐電家老といわれている大野九郎兵衛は各地に伝説を残しているということですね。
by 似非師匠 (2013-06-01 03:25) 

船山史家

似非師匠さん。
大野九郎兵衛さんを弁護する・・・というわけでもないのですが。1年間いた上州にこんな伝説があったのを発見しまして、安中榛名の石像と併せて記事にしました。
寺のご住職にお話しを伺えたらよかったんですがどなたにも会えず。
山形県板谷峠にも大野さん伝説がありますね。上杉家を頼る上野介を狙ったんでしょう。
by 船山史家 (2013-06-02 15:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。