So-net無料ブログ作成

まる飛 [居酒屋]

ドーミイン.jpg
ドーミインの向かいで営業してたまる飛(マルトビ)という天然魚貝酒場がいつの間にか焼肉屋になってるぞ。何処へいっちゃったんだ?
おやぁ?.jpg
一度だけ行った。ウナギの寝床のような奥に長い造りになっていて、店に入ったら下駄箱があってそこで靴を脱ぎ、板の間座敷席の間をズンズン歩いて奥の厨房前にカウンターが4席だけあった。私はカウンター右端席に座ったのだが、背後の座敷席は若いグループ客ばかりでしたね。
天然ものしか使わないと豪語しているので安くはなかったです。若くて勢いのある店主は好漢だったが、構造的に1人酒には向いてないなと思ったのと、皿が妙にデカいの。狭いカウンターからハミ出しそうだった。これはグループ客に出す皿で、一人客に出す皿じゃないだろうよと。
隣に出張サラリーマンが2人いて、「ここでこんな美味しい海の魚が喰えるとは思わなかったぁ」なんてホザいたのを聴いて私は内心でムッとしたのを覚えてます。上州をバカにすんなって思った。その時、「ああ、俺はこの地が好きになってるな」って初めて思ったような気がする。
申し訳ないけど窮屈に感じて一度きりのご縁で終わった。ただ、私の部下の女性が単身出張に行った時に訊かれたの。「何処か美味しい店ないですか?」って。
「お前は日ごろロクなモン喰ってないから、何喰ったって何処の店に行ったってそこそこ美味く感じるだろうよ」と言いたかったのだが止めて、女性ひとりでも安心な店、NANA、○潮、うさぎCafeとか教えたんだが、当の本人は探し歩くのが面倒になったらしく、「ホテルの前の店で済ませました」という。
「まる飛か?」
「そうですそうです。イケメンの男性店長さんに癒されました」
よくひとりで入れたなと。そういう年頃になった(成長した)んだねと感心した。
ホテルの真向いなのにそれきりで終わった。たった1回載せた過去記事では、「若い主人が独立して意気軒昂、最低限の人件費で料金は若干高めのお店、ネタはすこぶる良しといったトコロでしょうか。」・・・やや皮肉ってまとめている。
この街は若くして独立、店主になってる店が多い。若いうちはやり直しが効くから、何か事情があって閉め、どっか他へいっちゃったのかと思った。

その後の出張で現場からの帰途、ガラガラの関越交通バス車内で、「せっかく来たんだから自費で泊まって飲み歩いてやろう、何処へ行こうかな」とニヤニヤ企んでたら、関越バスの社内広告に何処かで見た店の名前があるぞ。
バス広告1.jpg
まる飛??
移転したらしい。通町じゃないか。
通町は事務所まで通うのによく歩いてた路地で、やたい屋、和心、大大坊、飛び込みで入ったスナック、幾つかご縁があった。(とま屋さんはご縁がなかった。というか、見つからなかった)
そういえばショウさんの記事に、やたい屋がNANAの近くに移転したとかあったような。その後にまる飛が入ったらしいのである。
バス広告2.jpg
私はやたい屋も一度だけ行ってます。当時のやたい屋はカウンターが5席か6席、他はALL板張り座敷で私は腰が痛くなったのと店内が妙に暗かったのを覚えている。
バスの車内広告を見てたらまる飛が私を呼んでるような気がしたのである。検索したらコース料理しか出てこなかったので「やはりグループ向き路線なんだな」とは思ったが、確認がてらそこへ足を向けたら、かつてのやたい屋がまる飛になってた。
通町のまる飛.jpg
これはもしかして.jpg
この日は他で済ませたので場所だけ確認して6月上旬の出張で狙ってみたの。電話した。部下の女性が癒されたというイケメン店主が出た。
「ひとりなんだけどいいかな」
「大丈夫ですよ全然。カウンターお取り置きしておきます」という。
だが、街に出たら雰囲気がちょっとだけ違う。
バル(BAR)だったんです。
バル.jpg
あちゃ~、バルかよ。
こりゃ混むかな。開催期間は6月5日(木)~8日(日)までの4日間。私が行ったのはバル初日だった。

高崎バルは2011年から開催されてる食べ歩きイベントです。
チケットは5枚だから5軒分です。その枚数分だけハシゴができるのだ。ラジオ高崎の前にチケット当日券の売り場のテントがあってそこで購入する当日券は3500円。前売り券は3000円で、メトロポリタンやビューでも売ってます。地元の酒場、飲食店を知って貰おうというイベントですよ。
在住してた時はバルは利用しなかった。何かせわしない感じがしてね。見てるとわかりますよ。バル店舗には黄色い幟が立っていて、その前をウロウロしてると、あっこの人はバルだなって。
年々参加店舗は増えており、今年2014年の参加店舗は81店舗だった。
でもバルに参加しない店もある。銀座アーケードの「梅ふく」なんか店主が酔っぱらっちゃうから絶対無理。「○潮」、「くいものや○」、「○ツレ」、「○輪」も参加しないだろうな。
(NANAも不参加だが、味一味は参加していたらしい。)
そろそろバルの時期だなとは思ったがぶつかったか~。でも予約電話入れたら余裕みたいだったし、行ってみました。
まる飛びが・・・.jpg
バルだった.jpg
まる飛はバルに参加してた。店に貼り紙があった。
私はバルではないのはすぐ通じ、カウンター席に陣取った。店主とは2年ぶりです。もっとも店主は私のことなんか覚えちゃいないだろう。
お品書き.jpg
メニューが少ないのは今日はバルだからかも。バルチケットのお客さんはグランドメニューではなく、参加店で設けられたバルメニューのみになります。決められた1品か2品とワンドリンク(だったと思います)
まる飛のバルメニューは、お造り3点、くんせいのコロッケだった。
小皿でお造り、コロッケがどんどん出て行くぞ。
生とおとおし.jpg
刺身盛1.jpg
刺身盛2.jpg
刺身盛3.jpg
造り盛り合わせは店主に任せた。細長い皿に盛られ、醬油と塩があった。
「どうですか?」
「醤油と塩とダブルで浸けると旨味、甘味が出るような・・・」
「そうですか。ウチは全て天然ものですから、養殖だとこれだけの旨味はでません。変な脂が出ちゃうんですよね」
「そうなんだ。じゃぁ家ではスーパーのだから(醤油&塩は)やらない方がいいね」
「笑」

カレイの唐揚げです。
骨とヒレとアタマが欲しいなぁ。
カレイ唐揚げ1.jpg
カレイ唐揚げ2.jpg
モツ煮と、くんせいコロッケ。
私はくんせいコロッケがバルメニューなのを知らず、「できますか?」と断りを入れたの。「おひとり様ですからお二つに致しましょうか」
他で味わったことのない香と美味しさ。コロッケの具を燻して揚げてるみたいですね。
煮込み&コロッケ.jpg
燻製コロッケ.jpg
「どちらからですか?」
「東京から。でも平成24年から1年間、うさこCafeの近くのマンションに住んで、1年間高崎市に住民税を支払ってたんですよ。前の通りは毎朝夕歩いてた」
「そうだったんですか。うさこの店はもうすぐ移転ですよ」
(移転決まったのか??)
「この後行くけど。うさこと私は同じ電柱にゴミ出してたんですよ。東京に引き返す時、最後の瓶ゴミを引き受けてくれたし・・・。私住んでた頃、前の場所のまる飛さんに一度だけ行きましたよ」
「ああ、そうでしたか・・・」
「カウンターが4つで、奥だったでしょ。遠くてさ」
「ええ、ちょっと入口から遠かったですからねぇ」
「それで足が遠退いちゃったの。ドーミイン利用して、ああ営ってるなってのは目についたんだけど、移転した広告がバスん中にあったのを見て・・・」
「いやぁ、思い出してくださってありがとうございます」
「何で移転したんです?」
意外な応えが返って来た。
「最近のお客さんって個室がないとダメなんですよ」
カウンターから.jpg
店主以外にスタッフが3人いた。ひっきりなしにバル利用者が入っては出て行くので多少せわしない感はしたが、ふと気付いたのは、料理が早い。
前はそうじゃなかったです。むしろ遅かったくらい。まぁ店主入れて4人だから遅いわけないけど合間合間にバルのお客さんが連れだって入って来ても回転が早く、すぐ次の店に流れていく。
一見(この店では)の私、バルのお客さん、フロアにいる通常のお客さん、殆ど同等に接してるところは好感が持てた。
巌です.jpg処理済~店主.jpg
群馬のお酒、巌を二杯飲んでお勘定。
店主は私に、「すみません今日はバタバタして。また改めてごゆっくりお越し下さいませ」

店を出て思ったのは、こんなにいい店だったかなってこと。
カウンターひとり、店主の前の席だったこと、スタッフが多かったこと、今回はバルとはいえ、いや、バルだから料理の提供が早かったこと、いい条件が揃ってたんだろうな。
私はバルの合間を縫って来店、そこそこオーダーするから粗略に大事にされた一見のお客さんだったというわけです。
通町.jpg
地酒二杯とは少ないってか?この後、前に載せた記事で、梅ふくで頂いた蕗の煮物の入ったタッパをうさこのカフェへ取に行き、間に合えば返しに行きたいのです。移転の確認もしたいし。
まだ酔っぱらうわけにいかないのだ。

ショウさん今週末はバルですよ、混むかもですよってカキコミしようとして忘れちゃったんだけど、後で見たらショウさんは高崎市街は避けて群馬八幡で飲んでたみたい。さすがです。
コメント(2) 

コメント 2

ショウ

ジャンさん、こんばんは

移転後のまる飛へ行かれてたんですね~この雰囲気なら一人でも行けそうですが・・・まぁ、NANAにしておきます(笑

とま屋さん、見つかりませんでしたか?確かに分かり難いお店ですからね~でも、直ぐ近くですよ!

そうそう、ジャンさんの行かれた時ですが、週末はさらに高コンだったので、高崎駅は避けたんです
そうか、バルも重なっていたんですね~止めて正解でした
by ショウ (2014-07-05 18:25) 

船山史家

おはようございますショウさん。
バルの隙間をぬって、この後はバル不参加の店に行きました。
まる飛、いい店でしたよ。店主がカッコいいですね。NANAのマスターなんかよりずっとしっかりしていましたけどね。3人ほど若い衆を使ってましたが、時折軽く小声で叱咤してました。NANAのマスターはアシストの女性に強く言えてないしね。
昨夜は飲みに出かけられなかったんですねと思いきや、今日は某所でマラソンでしたか。では好成績を、自己記録更新された後、祝杯を何処かで挙げてください。
by 船山史家 (2014-07-06 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。