So-net無料ブログ作成

ラーメン日本一 [ラーメン]

スゴイ店の名前2.jpg
スゴイ名前の店ですねぇ。
この店のラーメンは日本一なのだろうか。
スゴイ店の名前1.jpg
ぜんっぜんそんなことないです。
この店のラーメンは悪くはないですが、最初の一口だけ美味しいけどだんだんと薄くなってくるんです。
ハーフラーメン.jpg
これはハーフラーメンです。
オープンキッチンでカウンターから厨房が丸見えです。見てるといつも茹でた麺の湯切りが甘く、トッピング動作が遅いのです。ラーメンが茹であがってるのに、後から載せるチャーシュー、海苔、メンマ、カイワレ、刻みネギを載せる動作が遅いのですよ。
ラーメン単品ならまだいいのだが、何かと組み合わせたセットの場合、できあがったラーメンをカウンターに置いたままにして、ご飯をよそって、唐揚げと餃子を盛り付けて、「お待たせしました」。。。全部揃えてから供するんです。
先にラーメンを出せばいいのにさ。その間、伸びちゃうし、冷めちゃうぞ~。
スープ.jpg
幅広麺.jpg

日本一の定番.jpg
ただこの店、突っ込みどころ満載でオモシロいのだ。私はランチに4回行ったが、いつもメニューを見て笑ってしまうの。
日本一という大きい店名もさることながら、この自信満々、大言壮語的なコピー。
「どれも一度は食べてみたい麺」
「今日も元気に御飯もの」
「日本一吟味の料理」
「いろいろな組み合わせで楽しい」
「日本一自慢の餃子をぜひどーぞ」
大風呂敷と言っていい。「どれも一度は食べてみたい麺」なんてお客が言ったんじゃなくって店側の誰かが自分で言ったんでしょうね。
その麺の種類には首を傾げるもの、ネーミングが幾つかあって、餃子ラーメン(ワンタンメンとは違って揚げ餃子が載っている)、唐揚ラーメン(鶏唐揚げが載っている)、豚肉ラーメン(これはパイコーメンらしい)、玉子スープラーメンなんてのもある。
おろしラーメンなんてのもある。大根おろしでも入ってるんだろうか。余計に薄くならないかい?

裏面のランチメニューを見てみましょう。
ここでも堂々、日本一のサービスランチと謳ってる。
日本一のランチ.jpg
日本一のサービスランチに、ラーメンセット790円というのがあって、内容はラーメンとミックス唐揚げ&小ライス。これが最も多く出ます。
ミックス唐揚は鶏の唐揚げと揚げ餃子なんです。焼きじゃないですよ。揚げです。見てたら空いた時間に幾つかまとめて揚げてましたね。
全く同じラーメンセットが四角い枠外にも書いてあって、そっちは890円なんです。
790円と890円?
その差100円は何が違うのか?
生姜焼定食もそう。790円と890円とある。890円の箇所には、「当店人気№1の生姜焼きを更にグレードアップさせて登場!!スタミナバッチリ!!
私はこの説明を見て、790円より890円の方が100円分グレードが高いと思い込んだ。何かもう一品あるか、肉の量が多いと思ったのよ。たかが100円惜しむよりはと890円の生姜焼きをオーダーしたら店のオッさんが、
「こっちの方がお得ですよぉ」と790円の方を指した。
日本一のランチ拡大.jpg
「これって790円と890円とどう違うのさ?」
「同じですぅ」
「???」
店のオヤっさんはトボケた返事をしたが何のこたぁない。要はラーメンセットも生姜焼定食も、790円も890円も全く同じ内容で、AM11:00~PM3:00の時間帯だけ790円、100円安いだけなんです。100円でグレードアップするわけじゃないのよ。全く同じ内容ならそりゃ790円にするさ。「こっちの方がお得ですよぉ」ではなく、「今の時間帯でしたら同じ内容でこちらのお値段です」なんですよ。
キャベツ.jpg
目の前にキャベツ千切りのドカ盛があった。キャベツ千切りをひと掴み、ふた掴み、さん掴みして皿にドサドサ載せている。
出て来たのはこれ。
肉とタマネギを炒めたのがドカ盛り。目玉焼きまで載ってた。凄い高カロリーですね。
ボリューム.jpg
これぞ生姜焼きである.jpg
ところが私、喰い終わって勘定して、店のディスプレイを見てあれっ?って思ったのだが。
これは違うだろう?.jpg
これって生姜焼きなんだろうか。回鍋肉のマチガイではないの?
しかも790円と890円と並べて表示してあるし。

もう一度、メニューを見ましょう。
日本一のランチ.jpg
コピー6.jpg
日本一セット1400円とは何だ?
「今日はリッチに。。。」とあるけど内容は、エビチリソース、ミックス唐揚げ、ミニラーメン、ライス、お新香。。。
リッチだと思います?(笑)
でもこの店のオッさんは、エビチリはこの店イチバンの高級食材と思ってるらしい。というのは、私の隣に座った男性客が、休日でパチンコでもやって来たらしく、
「どーせ負けたんでしょ?」(お店)
「勝ったよ」
「勝ったの?」
「勝ったさ。だから途中で止めてきた」
「よく止めれたねぇ。そうか勝ったんだ。だったらエビチリいけるじゃん」
「???」
「エビチリ。これこれ」
日本一セットをしきりに勧めてましたよ。その方、結局はラーメンセットになったけど。
これがそのラーメンセットです。
セット.jpg
ラーメン.jpg
なんちゅう高カロリーだい。
ミックス唐揚げ.jpg
私が最初にオーダーして後から来たお客が3人このラーメンセットが続いた。
厨房にラーメン丼が4つ並んで、私のラーメンが先に来たんですが、同時に茹であがったのに私に出した時間とその後3人のラーメンとの時間差が30秒以上あった。麺が太いからまだ救えるけどね。
処理済~麺はできてるんだけど・・・.jpg
チャーハンセット950円、チャーハン、ミニラーメン、サラダ。。。
「この組み合わせをご賞味下さい。。。」
これも自信満々だが、ご覧くださいったってそこらによくある組み合わせじゃないか。プププッ(笑)。
コピー1.jpg
やきそばセット1000円、やきそば、ハーフチャーハン、玉子スープ。。。
「満腹感の。。。」
これだけです。。。。の後は何も思いつかなかったのだろうか。
何故、これだけ玉子スープなんだろう?

コピー2.jpg
レディースセット1000円というのがあった。
これって男性はオーダーできないのかな。その内容は、ミニラーメン、ハーフチャーハン、ミックス唐揚げサラダ添とまぁ油っ濃いこと。それを、
「あなたの美容と健康に。。。」
これの何処が美容と健康にいいのだろうか。(笑)

コピー3.jpg
レバ焼き定食890円、目玉焼き、味噌汁、ライス、お新香付。。。
「体を助けるレバーを食べようスタミナモリモリ。。。」
なんだいこのコピーは。(爆笑)
もうちょっと捻りが効かないかね。子供が考えたような幼稚なコピーに笑ってしまうが、その下の肉ナス定食890円でアダルトなコピーになる。
「ナスと味噌をやさしくからめた。。。」
なんだかエロいコピーですね。素晴らしいセンス。

セットは無視して、ではこれぞこの店のオリジナルのひとつ。
玉子スープラーメンです。味は塩味。
これぞ玉子スープラーメンである.jpg
玉子2.jpg
玉子スープ.jpg
豚肉.jpg
麺.jpg
予想とおりのお味でござんした。塩味のスープに豚肉と玉子の甘みが絡んでいい味だしてましたよ。風邪引いたときにいいかも。
スゴイ店の名前3.jpg
この店、日本一の店であると受け取らないでください。日本一のラーメン、日本一のランチでもありません。この店はあくまで日本一という名前だけの店であって、その店のラーメン、サービスランチという意味です。
ハッタリ?大言壮語で日本一と謳ってるのではなく、いち店名に過ぎないのだ。番付は日本一でもなんでもありませんから(笑)。
センスがズレまくってるメニューとコピーですが、案外当人たちは大真面目かも知れない。大言壮語を通り越して笑っちゃうくらい自信満々です。
2人いる男性店員さんの声音、物腰は優しく、それでいてツッコミとボケの漫才みたいになっていて、店内はいつもフレンドリーな雰囲気に溢れている。
聞いてみました。
「何で日本一っていうのさ?」
「うん?うん?それはね。大きく出たのよ。日本一って一度聞いたら忘れないでしょ?」
よくぞ聞いてくれましたと言わんばかりであった。私は苦笑いを噛み潰しながら店を出ました。
コメント(2) 

コメント 2

じゅうべい

面白い~(~▽~@)♪♪♪
昼休みに和ませて貰えた(^○^)
しかし、一口目は旨いけど、後の味が無くなっちゃうって良くあるわね~((T_T))
出汁が足りないのかなぁ…
最後まで飲めるスープって夢のラーメンだわ~( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
by じゅうべい (2014-09-05 12:39) 

船山史家

十兵衛さんおはようございます。
最初の一口めは美味いけど、後半に味薄になるのは湯切りが甘いか、スープのかきまぜが甘いか、具から水分が出ちゃってるんでしょうね。
調べてみたら日本一という名前のラーメン屋さんは群馬県桐生市や京都にもあるようです。そこにしかない何かがあって、ウチの店が随一と謳っているんでしょう。
今回の記事の店は武蔵新田駅すぐ近くにあります。単に日本一という名前だけで、供されるものはぜんっぜん日本一じゃないです。
最期まで飲めるスープ、今日UPします。
by 船山史家 (2014-09-06 09:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。