So-net無料ブログ作成

コラボレーションその後 [居酒屋]

赤い看板が見えてきたぞ。
今日は給料日後の金曜日だから混んでるだろうなぁと思って引き戸を開けたら右暖簾が空いていた。
4号店のクラシック演奏会コラボ以来の本店です。
金曜21時45分.jpg
マスターがサブに立っている。
若い衆の焼き加減を監督している。
若いのが焼き上げた鶏ネギを噛んでみたら、おっ、外側はカリッ、中はジューシーだった。マスターより美味いぞ??
鶏ネギ.jpg
アスパラ.jpg
ニンニク.jpg
クロムツ.jpg

ワカサギ唐揚げ.jpg
時間も遅かったので、煮込み、ポテサラがヤマになっていたので、ワカサギの唐揚げをいただいた。
ワカサギを唐揚げても、鶏の唐揚げは頑としてやらないのです。
処理済~今日はサブ.jpg
「今度の休みは3連休?」(マスター)
「そう。することなくて。何して過ごそうかと。。。」
「そういえばスキーややるの?群馬ってスキー場たくさんあるでしょ」
「もう引退しました」
「まだ若いのにもう引退?」
「板も処分しちゃったしね。雪は見るだけでいいです。そういえば今度の正月は9連休だって?そんなに休んでもすることないし」
「ウチみたいな商売営ってると3連休がイヤだなぁって言うのが信じられないんだけどねぇ。ウチは今度の。。。」
。。。の先は現時点ではカット。私が「それってホントにやるの?」って問い返したくらいの驚くプランが明かされたのですが、まだ決定ではないのでちょっと伏せます。
チロリと焼きお握り.jpg
こんがり.jpg
スープ1.jpg
スープ2.jpgスープ3.jpg
天然看板娘のAさん(この日は歌舞伎役者みたいな隈取りメイクだった)と目が合ったので、
「行ってきたよ」
「???」
「これ」
私はバイオリンを弾く真似をした。
「ギターですか?」
「!!!」
「ギターじゃねぇよっ。(4号店の方を指して)、あっちでやったクラシック・・・」
私が気を悪くしたとでも思ったのか、慌ててMさんが会話に入って来た。
「どーでした?」
「まぁオモシロかったけど・・・」
「上手なの?」
「ヘタじゃないけど。曲が軽かったな。クラシックってもっと固くて重たいものかと思ってたけど。あれは二次会のパーティーのノリですね。企画はもちろんよかったけど私の想像していた本格的なリサイタルっていう雰囲気じゃなかったなぁ」
「音楽関係者が多かったんでしょう?」
「そう。あっちのファンが多かった。皆で彼女たちを応援していこうという空気を感じたよ。こっち(本店)から参加したのは私らともうひとりだけだって言ってた」
Vallote.jpg
軽かったんですよ。イベントではわかり易い曲、路線を選んだんだろうけど、その曲が収録されたCDを聴いてみて思ったのだが、あの若さで自分たちだけで演ってるだけだとそこで停まってしまうかも。ポップクラシックというジャンルだけにわかり易いが、半面、私が聴いてても難曲はなかったように思うのだ。若いだけにオリジナル曲や同年代のアーチストとのコラボが続いてるようです。やはり著名な演奏者は海外のコンクールで難曲を競わないとハイレベルにならないんだろうな。
おっと、私は音楽評論家ではなかった。
きっかり1時間で出ました。
店に近づくところ.jpg
見送ってくれたMさんに、
「あっち(4号店を指す)でKさんにAさんのことを告げ口してしまったよ」
「何を言ったのぉ?」
弦楽四重奏ってバイオりンが四十人いるんですかぁ?って言われたよって言っちゃったの。それを聞いたKさんが、ったくアイツは・・・何でもそうなんですよって苦々しい表情になっちゃって。アイツはしょうがねぇなぁってうんざりしたカオになって、他にもいろいろ思い出したみたいでさ。言っちゃマズかったかな。。。」
「う~ぅん。大丈夫ぅ~」
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。