SSブログ

世田谷区役所レストラン けやき [グルメ]

最近、憤懣やるかたない記事や、ブツクサ独り言のような記事が続いているので嗜好を変えましょう。

世田谷区役所へよく行きます。
TBS噂の東京マガジンに出てましたね。品川ナンバーをご当地世田谷ナンバーに替える変えないっていう現場ネタだった。
だが平成26年度中には導入されるのが決まったとか。反対派が言うには、アンケートと署名活動が強引で作為的である、区民への周知が足りない、ご当地ナンバーの活用効果が不透明、いろいろあるようで。
でも品川ナンバーが世田谷ナンバーに代わったところで生活が脅かされるわけではないのでは?墓地問題、道路建設や移転問題、インフラの老朽化と違って、生臭い現場ネタとしては切迫感が薄かったように思う。
私みたいに他所者は、どっちでもいいんじゃないのって思いながら観てた。

「アナタならご当地ナンバー何がいい?」(ジャン妻)
「会津かな」
「群馬じゃないの?」
「群馬でもいいな。でも会津ナンバーで山口県辺りを走ってみたいぜ」
「・・・」
これは深い意味ないです。ツマンナイジョークですからね。

前橋ナンバーも決定したそうですね。高崎市へのライバル意識が昂じたのだろうか。
世田谷区役所ケヤキ.jpg
世田谷区に話を戻します。
区役所敷地内、区民会館地下のレストラン、「けやき」は美味しいよ。
職員さんの食堂ではなく来場者を含めた一般向けの食堂です。味が本格派で役所の食堂とは思えんくらいなのです。
区民会館で敬老会の集会があるとレストランは爺さん婆さんの集会場になったり、PTAか何かの委員会の会合だと若いママ族のたまり場と化す。凄い喧噪ですよ。

サンドイッチ、ラーメン類、カレー、ハンバーグといった、昭和の香を残した古き良き中華料理屋プラス洋食屋さん、デパートの食堂のような店。食券は昔ながらの厚紙切符タイプが懐かしい。
五目やきそば.jpg
五目焼きそばと半炒飯.jpg
広東麺.jpg
鶏肉とカシュナッツ.jpg
オムライス1.jpg
オムライス2.jpg
ポークソテー1.jpg
ポークソテー2.jpg
厨房の近くだと洗い場の音がガラガラガッシャ~ンと響いてきたり、従業員同士の話し声が洩れ聞こえてきたりする。

一度だけ、フロアでマネージャーさんぽい人と女性スタッフがやや険悪だったのを目撃した。カウンターのある店だったらチラッ、チラッと時折視線を飛ばして観察してやるんだが、ALLテーブル席だから喰うのを休めてじーっと見入るワケにもいかないし。

世田谷区役所へ行く時はこのレストランへ行くのが楽しみではある。
世田谷区役所へは電車で行く。
東急世田谷線、これしかない。三軒茶屋と下高井戸を結ぶ東京急行電鉄(東急)の軌道線。
世田谷線3.jpg
現在で言う軌道線は一般道路と併用して走るケースをそう呼ぶそうだが、世田谷線は都電荒川線と違って全部が専用軌道です。
一般道と併用とは言い難いがそれに近い現場がある。環七と平面クロスする若林の踏切です。
若林踏切.jpg
環七の信号が赤になるまで電車がじーっと待つ“信号待ちをする電車”です。環七の交通量が多いので電車が譲る形になっている。電車より自動車の方が強い力関係になってるのだ。
接触事故は聞いたことが無い。まれに、ごくまれに自転車との接触事故があったように思う。

だが、世田谷線って不思議なところが幾つかある。(続く)
コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。