SSブログ

Dennys [グルメ]

ベーコンスクランブル2.jpg
モーニングメニューを喰ってます。
パンがやや冷たい~。
バターが溶けないんですよ。イカンなぁ。
ベーコンスクランブル1.jpg
冷えたトーストで懲りたので、別の日はご飯にした。
「大盛りになさいますか?」
私がそんなに大喰いに見えますか店員さん?でもよく気付いたじゃねぇか。多めにして貰いました。
ベーコンもう1枚追加。1枚80円だったかな。後でジャン妻にそんなん追加なんかするもんじゃないって叱られたけど個人の自由だい。
ベーコンエッグ和定食.jpg

ちょうど喰ってた時間が10時半過ぎで、そろそろ11時~のランチメニューに移行する頃だったようで、メニューを替える準備に入ってた。そのメニューに釘づけになった。期間限定で前から狙ってたメニューだったのです。
(前にも載せたことがある。http://funayama-shika.blog.so-net.ne.jp/2012-09-26
ビーフメニュー期間限定.jpg
喰いながら、「これっていつからよ?」
「週明けからになります」
なんだ。その頃に来ればよかった。来週だね。
「お待ちしていま~す」
会計して男性店長さんの声を聞きながら店を出た。心中、期間中に喰ってやるって期するものがある。この時は○○○プ切除後の夏だったんです。消化器鍛錬と夏バテ防止の為に肉を喰ってやろうと思ったのは、ステーキ店や焼肉屋までいかなくてもいいのです。ただ、ファミレスのハンバーグっていうと、前に某GUSTのアマリカンBBQで懲りたからね。あれは何のツナギを使用してるのか、触感がエラくマズかった。
ここでは一応は100%って謳ってるから。。。

別の日。
こっちは一人なので、迷わずカウンターを指して座り、いちばん上にあったビーフフェアのメニューだけを引っ張り出して他は見向きもせずに注文。
最初にスープとサラダが来たが、スープはドロッとして粘着性が高くサラサラしてない。スープ表面の膜がくっついていた。
酷暑で野菜の葉物が高騰しているのかお粗末な野菜サラダだね。まるで鶏のエサに等しい。
ちゃちぃスープとサラダ.jpg
プレミアムビーフ100%-1.jpg
ハンバーグはまぁまぁだった。ジュウジュウ音が鳴っている。
「ご飯の量はこれくらいでいいですか?もう少し多くしますか?」って聞いてくれる辺りも嬉しい。これは店員さんによる。愛想もそうだが、スタッフによって気が利く利かないの個人差はあるのです。

デニーズはドリンクバーやサラダバーには余り積極的じゃないようですね。その方が衛生面としてはいいようにも思いますが。
プレミアムビーフ100%-2.jpg
和風タレです。
私は最近、デミソースを好まないようになったのだが、この和風タレは塩味がちょっと強かったな。

100%バーグを喰いながら思いだしたぞ。お肉が大好きだったあのキャラ肉子さんは元気かな。確か今年で36歳になる筈。
前Blog呟きⅠにさんざん登場したが、上州から戻ってからは一度か二度ほど再会した程度。相方だった雪子が本部に抜擢されて昇格し、自分は支店に取り残されてしまった。
雪子は自分より先輩の肉子を差し置いて抜擢されたのを若干気にしていたがまぁそれは仕方がない。肉子は職場環境の変化をめんどくさがる子だったので雪子みたいな柔軟性がなかった。応用力やアクティヴな動きを億劫がっては抜擢されないのです。

だが、肉子もさるもの。。。
雪子からこんなエピソードを聞いた。

雪子が抜けた後は新人の補充があったのだがその新人は態度がデカく、アタシは経験者ですっていう態度が全面に出てたので、肉子さんはその新人の鼻っ柱をへし折った。[あせあせ(飛び散る汗)]
難しい公費関連の請求を任せたらその新人はできなかったので、「できないの?前職でやってなかったの?」って短く言って取り上げ、自らパッパッと処理。
そしたら新人さんの態度がうって変って大人しくなり、コウベを垂れて謙虚になったという。
肉子は、「言ってやったのさ」みたいに嬉々として自慢げだったそうです。それを雪子に言う辺りは雪子に対しての羨望、やっかみもあるんだろうな。

肉子からメールが来た。
「最近、肉は控えめにしてますっ」
「アナタの控えめとはどれくらいだい?肉500gが200gくらいに減量したんかい?」
アタマに来たのか返信は来なかった。

これはミニステーキ。
肉がやや硬いな。まぁサシの入った高級和牛というわけじゃないからね。
一口ステーキ.jpg
場所を取るなぁ.jpg
この時の肉メニューは期間限定だったうようで、会計時に、「これっていつまで?」
「〇〇日までです」
今週末だった。あと1週間もないじゃないか。ずっと定番にしときゃいいのに。
処理済~でにーず.jpgこのデニーズはジャン母も利用するんです。
近所の同年代、婆さん同士のイベント、歌とか踊りとかね。そのリハーサルやお稽古の後でドヤドヤと押しかけるらしい。
一度、携帯に電話したら、電話の後ろのお喋り声が大きくて会話にならなかった。年をとると耳が悪くなって声が大きくなるんだろうね。
こりゃぁ相当、店側や他の客にヒンシュクなんじゃないかなぁって思ったよ。

ミニステーキを喰って店を出て、近所のコンビニにビッグコミックを買いに行ったら、ジャン母のお仲間婆さん2人とバッタリ。
「あら・・・」
「ああどうも。お世話になります。」
私だってこれくらいの挨拶はできます。「今からデニーズですかぁ?」って言ってやったよ。
「いいえ、もう行って来たのよぉ(笑)」
アブネェ。
ヨカッタぜ一緒の時間帯にならなくってさ。だがこういう話はすぐにジャン母に伝わる。デニーズで邂逅したわけじゃないのに、「この間デニーズで息子さんに会ったわよみたいに曲げて伝わった。
「デニーズで食べてるの?何で?〇〇さん(ジャン妻のこと)は?」
説明するのが面倒でしょーがない。何が「デニーズで食べてるの?」だい。自分だってそうじゃないかっ。

私はこのデニーズを利用する時、いつも母がお世話になっておりますと心ん中で言います。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。